初聖体ミサ                              2018.8.23

  (写真をクリックすると拡大表示されます)


 2018年6月3日キリストの聖体の主日ミサにて、12名の子どもの初聖体が
行われました。
始めに、子どもたちの導きにご尽力されたスタッフに感謝します。
そして、ソン神父様より『キリストのご聖体を今日、初めて頂ける。
今の気持ちは?』との子どもたちへの問い掛けに、正直に首を傾げる
子どもたち。『聖体はパンである。毎日の食事で頂くもの、日本では
ご飯かな。』

 ソン神父様の子どもの頃、母親を家に残して初めてレストランに食事
に行った時の思い出話をして下さいました。
『お母さんの料理とレストランの料理のどっちが美味しいですか?』
『何故、お母さんの料理が美味しいのですか?』との問いに、
『お母さんの愛がこもっているから』との答えで、拍手が沸き起こりました。
また、『ソン神父様は二人居る。身体として見える部分と、目に見えない心、
その心の食べ物として、パンの形をしたキリストを頂くのです。
弱い人間である私たちを助けるためにキリストはパンとなった。

 私たちの心が成長できるように、今日から皆さんは、キリストの体を
いただくのです。教会の信徒の皆さんも、これからもこの子どもたちへの
皆さんのサポートとお祈りをお願いします。アーメン』と話されました。