2004.12.12

Home初めての方へ>教会Q&A

教会Q&A

私も教会に来ていいのですか?
どうぞご遠慮なく教会へいらしてください。
聖書とはどんな書物なのですか?
神様が行われた救いの物語と神様のみ教えを伝える書物です。
カトリックはプロテスタントと違うのですか?
カトリックもプロテスタントも同じ神様を信じています。
洗礼を受けるのに考えなければならないことは?
日本人の場合、仏教からの改宗という形が主だと思います。
毎週教会に来ないといけないのですか?
信者は週に一度はミサにあずかるように薦められていますが、
勉強会に毎回参加できないかもしれませんが?
都合により欠席することもかまいません。
教会から寄付など求められるのでしようか? 
信者は教会維持費を毎月納めています。


Q:私も教会に来ていいのですか?
  ページの先頭へ戻る

もちろん、どうぞご遠慮なく教会へいらしてください。
生きがいや神様の救いを求めている方々のために、教会の門はいつも開かれています。
教会に来ている人々は、みんな、あなたのように正しい道を求めている人たちです。
教会は、みんなのためのものです。なぜなら、人間は、みんな神様の子だからです。

若い人も年配の方も、元気な人も弱い人も、学問のある人もない人も、みんな神様の子なのです。神様は、みんなを愛しておられます。あなたも、きっと神様から愛されています。
私たちは、毎日曜日教会に集まって、神様を礼拝し、神様のみ教えを聞くのです。
どうぞ、気楽に私たちと一緒に神様に祈り、神様のみ教えを聞きに来てください。


Q:聖書とはどんな書物なのですか?
    ページの先頭へ戻る

聖書とは、神様が行われた救いの物語と神様のみ教えを伝える書物です。
旧約聖書」と「新約聖書」に大きく分かれています。
旧約聖書は、イエスが生まれる前に書かれたもので、46の文書からなっています。
新約聖書は、イエスのみ業とその教えを伝え、福音書と使徒言行録、手紙、黙示録など、27の文書からなっています。

旧・新約聖書は、共にキリスト教の「正典」、すなわち、正式の教えの書物です。
書かれた時代と文化圏が違うので、正しく理解するためにいくらかの準備が必要です。
はじめて読まれる方には、イエスの教えを伝える「新約聖書」の4つの福音書が勧められています。
(わが国には、最近いくつもの日本語訳聖書があります。)
いくつかの日本語訳聖書がありますが、厚木教会では、『新共同訳聖書』を使っています。
カトリック教会から出版されている聖書には注解があります。それは、聖書を理解する上で助けとなるでしよう。

また、聖書をわかりやすく紹介する本もありますので、はじめて聖書を読まれる方には、そのような本が勧められます。
聖書の解説書については、神父にご相談ください。

Q:カトリックはプロテスタントと違うのですか?   ページの先頭へ戻る 

カトリックもプロテスタントも同じ神様を信じていますし、同じ聖書を用いています。
カトリックが毎日曜日ミサを行うのと同じように,プロテスタントでも礼拝式を行っています。
礼拝における違いは、カトリックで秘跡と呼ばれるご聖体に対する考え方の違いです。
プロテスタントの礼拝は主に聖書に重きを置きますが、カトリックのミサでは聖書と聖体を中心とした礼拝です。

Q:洗礼を受けるのに考えなければならないことがありますか?  ページの先頭へ戻る

日本人の場合、仏教からの改宗という形が主だと思います。
お墓の問題、先祖供養の問題など独特の問題もあります。
洗礼はあくまでも本人の意思に基づきますが、神父に相談してみてください。

Q:毎週教会に来ないといけないのですか?     ページの先頭へ戻る

カトリック信者は少なくとも週に一度はミサにあずかるように薦められていますが、仕事や学校、家庭の都合で来れない場合もあると思います。日曜日に来れなくても土曜日にもミサはありますので、自分のできる範囲で参加していいでしよう。

Q:勉強会に毎回参加できないかもしれません。大丈夫でしょうか? ページの先頭へ
都合により欠席することもかまいません。お気軽に神父に相談してみてください。

Q:教会から寄付など求められるのでしようか? ページの先頭へ戻る                       

カトリック信者は教会維持費を毎月納めています。これは自分の出せる範囲で構いません。またミサやクリスマス等の特別の時期に、献金を求めていますが、任意ですので、献金の意思がある場合、ご協力いただければ大丈夫です。


戻る

戻る