2004.12.19更新

Home初めての方へ>洗礼を受ける方へ

洗礼を受けるには

 カトリックの洗礼を受けるには、カトリックの教えを十分に理解することが必要です。
 そのため、教会では、聖書の勉強会や、カトリックキリスト教会の入門講座が
開かれています。まず,神父様に相談してみましょう。

   
 洗礼を受けるに最もふさわしい時期は復活祭です.教会によってはクリスマスにも行うことがありますが,厚木教会では復活祭での洗礼を薦めています。
 入門講座で勉強をしている方を教会では『求道者』と呼びます。

 ご本人が洗礼を受ける意思を固め、それを神父に申し出られると、復活祭の前の四旬節中に『洗礼志願式』が行われます。以後、洗礼を希望する方を『洗礼志願者』と呼びます。
 洗礼志願式の前に、代父母(男性の洗礼志願者は代父、女性の洗礼志願者は代母)が選定されます。代父母は洗礼志願者の霊的な支えとなる役割を担っています。
 復活祭前の四旬節、教会では洗礼志願者のために祈りを捧げます。

**用語の解説**
復活祭:キリストが死後3日目に復活したことを記念して祝う教会の祭です。
復活祭前の四旬節:復活前の受難と十字架の死を記念する40日間で、御受難節とも言います。


戻る

戻る